御朱印・お守り

御朱印について

御朱印とは、ご参拝のお印として参拝者の方に押印されるものです。
起源は古く、神社仏閣に書写された経典を奉納した際に戴いた「納経受取の書付」だといわれております。
往年、御朱印集めは全国的に広まり多くの方が御朱印を押印しにご参拝されております。

御朱印

月毎限定御朱印

月毎限定御朱印 初穂料300円

 九月は、「陽」の数字の中で一番大きい「九」が重なる日が、九・十九・二十九日と三度あり(三九日という)、とりわけ、九月九日を重陽の節句として祝います。重陽の節句には、菊の花から落ちた露を飲んで不老長寿を得たという「彭祖(ほうそ)」の伝承にあやかり、菊花を飾ったり、菊の花弁を浮かべた酒を飲んで、邪気を祓い長寿を願います。

 今月は長寿の願いを込めて、菊文をあしらった和紙にて御朱印を書かせていただきます。

カラス文字切り絵御朱印 初穂料1200円

熊野三山では、八咫烏で表現された独自のカラス文字を用いて、それぞれ意匠が異なる「熊野牛王神符(くまのごおうしんぷ)」が授与されております。『古事記』によると、八咫烏は神武東征の際に皇軍が熊野の山中で進路を見失ったとき、一行の前に現れて、荒ぶる神に害されることがないよう大和橿原に至るまでの道案内をした熊野の大神さまのお遣いとされています。八咫烏の導きにより、神武神武天皇は無事に国の統一を成し遂げることができました。また、『神道集』によると、第7代孝霊天皇の時代に、降臨したばかりの熊野権現の元へ猟師を導いた八咫烏は、途中金色に姿を変えたことから、太陽の化身としてもいわれます。このように、勝利へと導く神さまとして信仰される八咫烏で表現されたカラス文字を用いた護符は、太陽神としての強い力をもって、あらゆる災厄から人々を守ってくれるものです。

 熊野三山からの勧請により建立した当社においても、独自のカラス文字を用いた護符を授与させていただきます。中心上部の八咫烏がくわえる梛の葉は、魔除けや厄除けの意味を持つ水引で神職が一葉ずつ結んだものを添えております。絵馬に書かれた皆さまの願意が叶い、熊野の大神さまのお導きにより、よき人・よき仕事・よき機会と素晴らしいご縁に恵まれますように。

※参拝日を金字でお入れさせていただきます。
※祈願内容は「家内安全」または「招福開運」からお選びください。
※こちらの御朱印は、漆黒の色を表現するために、墨による特殊な加工がされております。表面に付着している墨が他の御朱印に色移りする場合がございます。お取り扱いには十分にお気をつけください。

誕生日限定御朱印 

誕生日限定御朱印 初穂料500円

※お誕生日の方のお名前と誕生日の日付け(参拝日は入りません)をお入れさせていただきます。

十五夜御朱印 初穂料800円

「十五夜」とは、旧暦八月十五日の夜またはその夜に出る月のことをいい、「中秋の名月」すなわち旧暦における秋の真ん中に出る月を指します。十五夜は必ずしも満月とは限りませんが、今年の十五夜は九月十日にあたり、満月となります。日本には、古くから月を神聖視する考えがあり、縄文時代には月を愛でる文化があったとされています。

一方、十五夜の時期は田んぼの稲も育ち、収穫をする頃であることから、江戸時代になると庶民のあいだでは、無事に収穫できたことへの喜びを分かち合い、感謝する日という意味合いで十五夜を祝うようになり、「芋名月」して親しまれました。

このような流れを経て、現代におけるお月見は、農作物を収穫できたことへの感謝と、月の満ち欠けから連想される命を繋いでくれた祖先へ感謝や祈りを捧げるものとなりました。

 当社におきましては、九月十日に観月祭の神事(神職のみ)を執り行います。

狛犬御朱印(9月) 初穂料600円

狛犬ファンの皆さま待望の「狛犬御朱印」の授与を開始しました。末社前の江戸流れの狛犬をモデルにハンコを製作しました。当社の末社前には、関東地方で多く見られ、東海地方としては珍しい「江戸流れ」の狛犬が配置されております。この狛犬は、明治期に作られたものと考えられますが(作者不詳)、奉納者の方が東京在住(台座後ろに彫刻)であったことから、江戸流れの狛犬が奉納されたと考えられます。 昭和期の拝殿の改築に伴い、正面から末社前に配置換えされました。

向かって右側の狛犬は、「阿」の形に口を開けているので、通説的見解によると雄と考えられますが、めずらしくも足元で子狛をあやしています。このように子狛を持つ狛犬は、「子取り」といい、子孫繁栄のご利益があります。一方、向かって左側の狛犬は、「吽」の形に口を閉じているので、雌と考えられますが、足元には子狛ではなく、玉が添えられています。このように玉を持ったり加えたりしている狛犬は、「玉取り」といい、家運隆盛のご利益があると考えられています。(諸説あり)

歴史が深く、謎もたくさんの狛犬ですが、移りゆく季節に合わせて、月毎に背景を変えて授与させていただく予定なので、好みの狛犬御朱印を見つけてください。

※参拝日をお入れさせていただきます。

重陽節限定切り絵御朱印 初穂料1000円

中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」とされ、九月は「陽」の数字の中で一番大きい「九」が重なる日が、九・十九・二十九日と三度あり(三九日という)、とりわけ九月九日を重陽の節句として祝います。
 重陽の節句には、菊の花から落ちた露を飲んで不老長寿を得た「彭祖(ほうそ)」の伝承にあやかり、菊花を飾り、菊の花弁を浮かべた酒を飲み、邪気を祓い長寿を願います。日本には、平安時代初めに伝わり、宮中行事の一つとして「観菊の宴」などが催され、江戸時代には五節句の一つとして話庶民のあいだにも広まりました。
 また、同じく平安時代に十五夜のお月見が伝わり、昔から月をめでる風習のあった貴族のあいだで広まりました。当時の貴族たちは、月を眺めながらお酒を飲んだり、船の上で詩歌や管弦を楽しんだりしました。
 十五夜の頃は稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期なので、無事に収穫できる喜びを分かち合い感謝する「栗の節句」として、江戸時代には庶民のあいだでも十五夜が楽しまれるようになりました。

 皆さまも、長寿を祈願して、菊の花や月など美しいものを眺めつつ、美味しい秋の味覚をお楽しみください。

秋詣限定切り絵御朱印 初穂料1000円

左上側には、紅葉と月。右下側には、水面に浮かぶ月と紅葉が描かれております。

右上側には、八咫烏。左下側には、当社の拝殿が描かれております。

※ 参拝日をお入れさせていただきます。

※「敬老の日」と入れさせていただくため、参拝日は入りませんので、ご注意ください。

注意事項について
当社では、感染症予防対策のため、お手持ちの御朱印帳への直書きはしておりません。
和紙に、神職が一枚ずつ手作業で押印と文字入れをした書置きの御朱印をご準備させていただいております。
コピーの御朱印は一切ありませんので、一日にご準備できる数に限りがあり、郵送授与の場合はお時間をいただく場合がございます。
皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
〈社頭授与〉
●授与期間
※授与所は9時から16時までですが、ご祈祷などによってお待ちいただく場合がございますこと、予めご了承ください。
●お取り置き
9月の御朱印については、お取り置きはさせていただけません。直接社頭へお越しください。
〈郵送授与〉
●申込期間
下記の現金書留9月30日必着
●申込方法
現金書留で、御朱印初穂料に返送用のスマートレター費用180円を加えた代金を入れ、ご希望の御朱印の枚数を書いた紙を添えて、下記の住所までお送りください。
〒477-0032
愛知県東海市加木屋町宮ノ脇43
熊野神社社務所
※お申込みから発送まで1週間程度いただく場合がございます。
※送り間違いを防ぐために、初穂料の納め方は現金書留のみにさせていただいております。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

お守り

熊野神社では、八咫烏をモチーフにしたオリジナルのお守りをはじめ、御神札やお御籤など数多くの授与品があります。
お守りには、それぞれ違ったご利益がありますのでご自身の目的にあったお守りをお探しになり、是非ご自身の生活をより良いものにするために熊野大神様のご加護を得ましょう。
お守りは、原則として1年間お持ちいただいたら新しいお守りをお受けください。
古いお守りは、感謝の気持ちを込め神社にお返ししましょう。

【授与品の郵送について】

当社にご参拝になってお守り等をお受けいただくのが本義ですが、コロナウイルス対策で外出を控えている方の為に、郵送でのお申込を受け付けております。

ご希望の方は、当社にお電話にてお申込下さい。

※返品・交換は致しかねますのでご了承願います。

厄除けのお守り

八咫烏「災除」

様々な災いを除け、開運を招き入れるお守りです。厄年の方や、悪いことが続いている方へ。

開運厄除

非常にコンパクトなお守りですので、お財布や鞄などに入れてもらうのに最適です。
色は、4種類あります。

破魔矢

神棚に飾ることで魔を破り、厄除けのご利益があります(正月限定)

交通安全・学業

交通安全お守り

車のフロンガラスに貼り付けれるように吸盤が付いております。この吸盤は取り外し可能です。サイズは大・中・小の3種類があり、色も4種類ずつあります。

交通安全お守り(お財布用)

非常にコンパクトなお守りですので、お財布や鞄などに入れてもらうのに最適です。
色は、4種類あります。

八咫烏 交通ステッカー

八咫烏は、神武東征の折に道案内したといわれており、皆様が運転中にお困りの際はきっと助けてくださるでしょう。

学業

八咫烏「合格」

第一志望に合格し「サクラサク」ことを祈念し、サクラ色で作りました。

学業お守り

学力向上を願うお守りです。

色は2種類あります。

ランドセルお守り

学業向上と交通安全のお守りです。中が開けれるようになっており、中に小銭や連絡先の書いたメモを入れておくとお子様が迷子になったときでも安心です。

合格鉛筆

合格にちなんで五角形の鉛筆です。試験でこの鉛筆を使って合格を勝ち取りましょう。

健康

八咫烏「病気平癒」

手術を控えてる方や病気を患ってる方に。

身体お守り

健康あっての幸せです。最近体調が優れないなという方に。

身体お守り(お財布用)

非常にコンパクトなお守りですので、お財布や鞄などに入れてもらうのに最適です。

干支守り

ご身体のお守りです。ご自身の干支をお持ちいただいたり、今年の干支をお持ちください。

その他

八咫烏「勝」

試合に勝ちたい、商談を勝ち取りたい、契約を勝ち取りたいなど様々な勝負ごとを勝ち取りたい方に。

八咫烏「金運」

お金を貯めたい方や自営業の方へ。

八咫烏「災除」

様々な災いからお守りいたします。

八咫烏みくじ

八咫烏の陶器で出来たお御籤です。中にはお御籤が入っており、陶器は置物としても利用できます。※一般的なお御籤もございます。

三角みくじ

中に石が入っており、石の種類によってご利益が異なります。

ご縁馬

貝殻で出来た絵馬です。恋愛事や仕事、友達付き合いなど良き縁に巡り会うようにと、お願いを書いて専用絵馬立てに奉納します。

仕事守り

出世や夢を叶えたい方に。また新入社員の方にも。

旅行守り

旅行が楽しくかつ安全でありますように。留学をする方にも。

ペットお守り

家族の一員であるペット。そんなペットの健康をお祈りします。

安産お守り

お産がなるべく楽に、かつ無事に済み、生まれてくるお子さんが元気に生まれて来てくれるようお祈りしましょう。

御神礼

熊野神社大麻

サイズは木礼で大・中・小の三種類。紙礼は、1種類のみとなります。

サイズによってご利益が変わるものではございません。ご家庭の神棚に合うものをお受けください。

家内安全

ご家族の健康と安泰をお祈りしましょう。
木礼と紙礼の2種類ございます。

商売繁栄

事業の更なる繁栄と成功をお祈りしましょう。

開運厄除

様々な災いを除け福を招き入れるようにお祈りしましょう。悪いことが続いている方や厄年の方に。

火災鎮火

日常生活で火は必要不可欠ですが、危険なものでもあります。

火災に繋がらないようにお祈りしましょう。

神棚

神棚

当社では、三種類の神棚をご用意致しております。ご自宅に神棚を設置し神様を祀りましょう。
三種類以外にもご自宅に合った神棚もお探しできます。

土器・神具セット

神棚にお供えするための土器と神具のセットです。

↑↑

電話する

アクセス