七五三詣

七五三詣とは

七五三詣イメージ

七五三は、古くからの風習である三才「髪置」、五才「袴着」、七才の「帯解」に由来すると言われております。
「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。
「袴着」は、男児がはじめて袴を着ける儀式で、「帯解」は女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。
現在のように。十一月十五日に盛大にお祝いをするようになったのは江戸時代からで、五代将軍徳川綱吉が息子を盛大に祈願したことから、それが広まったと言われております。
七五三詣では子供が無事に育つことができたことを皆で祝い、これまで見守って下さった神様にお参りして感謝の気持ちを表し、これからの健やかなる成長をお祈りしましょう。

七五三の授与品

授与品

七五三詣にお越しいただいた方にお守り、千歳飴とお土産をお渡ししております。
千歳飴は、親御様がお子様の長寿の願いを込めて細く長くなっており、縁起が良いとされております。

ご参拝の方へ

お子様の年齢は、数え年でお詣りするのが慣習ですが、最近では満年齢でお参りされる方が一般的です。祭典などでご祈祷できない日もございますので、ご祈祷のご希望の方はお電話にてご予約頂いた上でお越し頂きますようお願いいたします。
熊野神社では九月一日から十二月末日迄を七五三詣期間とさせて戴いておりますが、この期間以外にも随時承ります。
ご予約は随時承っておりますので、ご希望の方はお気軽に0562-33-3305までご連絡お願いいたします。

↑↑

電話する

アクセス